機能と特徴

「ICカード これひとつ」の機能や特徴を紹介します。

目次

機能とサービス

機能とサービスについて

このアプリは、残高だけではなく、もっと詳細な情報を表示することができます。

履歴、改札口やバスの車体、チャージ履歴、ポイントなど、カード内に記録があるものは、それを全て表示しつくすことを目標としています。

あなたが知りたいと思った情報は、恐らく殆どを知ることができるでしょう。

対応しているカード

対応しているカードについて

このアプリは、日常見かける、殆どのカードに対応しています。

Suica/PASMOほか全国で使える交通系ICカード、ありふれた電子マネー(楽天Edy/WAON/nanaco)などは当然ながら、他のアプリではありえないような多種多様なカードに対応しています。

モバイルSuica&PASMO

モバイルSuicaとモバイルPASMOを読む方法

アプリから直接スマホ内のメモリーを読むためには特殊なライセンス契約が必要なため、もう少しユーザー数が増えて開発資金が確保できるまでは実現できません。

代わりにICカードこれひとつが提供するサービスは、USBでパソリを繋ぐ機能です。

こうして読み取ると、モバイルSuicaアプリやモバイルPASMOアプリではできない、自動改札機の情報を表示したり、電子マネーを利用した店名登録&表示する機能などが使えます。

USBケーブルを交換したパソリをスマホに繋げ、パソリでスマホ自身を読み取ります。これでモバイルSuicaとモバイルPASMOはもちろん、おサイフケータイに入っているあらゆるもの(WAON、楽天Edy、iD、その他各種のサービス)を読み取って表示することができます。

表示対応するサービスは随時追加されています。

詳細は「外付けデバイス」のページをご覧下さい。

対応中の国

全機能アプリ

全機能アプリ(ICカードこれひとつ)で対応中の国の一覧です(対応順)

  • 日本 🇯🇵
  • 香港 🇭🇰
  • インドネシア 🇮🇩

ローカライズアプリ

各国内で使われるカードのみに対応したコンパクトなアプリを計画しています。

随時お知らせしますので、お待ちください。

対応中の言語

全機能アプリ

全機能アプリ(ICカードこれひとつ)で、メニューや案内などで表示される言語

  • 日本語
  • 英語

全機能アプリは、この2言語で固定です。

駅名や店名など固有名詞については、それぞれの言語で表示されることがあります。

ローカライズアプリ

これ以外の言語については、開発が予定されている、各国専用アプリで対応します。それぞれ以下が予定されています。

  • (その国の主たる公用語)
  • 日本語
  • 英語

駅名や店名など固有名詞については、その国の主たる公用語のみで、日本語や英語などで表示されないことがあります。