すべてに対応

全国のICカードを、これ一つで

何でも読める

全てのカードがこのアプリで

ICカードこれひとつは、日本の交通系ICカードで読み取れる46種類全てに対応する唯一のアプリです。

楽天Edy、WAON、nanacoはもちろん、CoGCa、littaといった店舗独自のものから大学生協電子マネーに至るまで様々な電子マネーにも対応し、新カードにも迅速に対応中です。

しかも読めるだけでなく、他にはない驚異的な高性能表示を実現します。

地域交通と、日々のお買い物をより便利にするお手伝いをしています。

※弊社調べ

店名も表示できる

お買い物のお供に

Suicaなど交通系電子マネー。今やあらゆる場所で使えるまでになりましたが、どこで幾ら使ったのか、覚えていられるでしょうか?

しかし券売機で履歴を印字しても、店名までは印字されません。

このアプリは、日本で唯一、店名の表示機能をもっています。

店名は報告式で、随時、受け取った報告を再調査しながら登録作業を続けています。既に報告されている店なら、すぐに表示ができます。表示されなければ、さっそくレシートを見ながら報告をしてみましょう。報告した店名は、すぐに報告したままでアプリに表示されます。いずれ、正式に登録されればそれも表示されます。

この機能は、きっとあなたを満足させるものになるでしょう。

※弊社調べ

バス停名も表示できる

地方のバスほど強力に対応

履歴の駅名が表示できるアプリは他にもありますが、バス停名まで表示できるアプリは希少です。

現在日本のバスは、全国共通カードではPiTaPaエリアで、地域ローカルカードでは一部を除く殆ど全てで、カードにバス停情報を書き込みます。このアプリは、そのバス停名や、路面電車の電停名などの情報を表示することができます。

この機能は、あなたの日々の生活をアシストしたり、または旅のお供にもなることでしょう。

改札口も表示できる

迷宮駅でのお助け機能

鉄道利用のさい、通過した改札口の情報が表示される唯一のアプリです

※弊社調べ

どこの改札口を通ったかが分かれば、待ち合わせにも便利。間違えて違う改札から出てしまった場合でも、正確な改札口名が伝えられれば、めざす改札口までの道のりを人に聞くこともできます。

更にマニアックな使い方として、自動改札機の変遷を観察するためにも使うことができます。

豊富な機能

このアプリの様々な機能をご覧下さい。

動作要件

Android 5.0(Lollipop)以降

HTTPSで必要となるTLS 1.2に対応するものがAndroid 5.0(Lollipop)以降となるため、Android 5.0以降の端末をご用意ください。

なお、令和元年冬〜令和2年春のモデルはAndroid 9または10が搭載されています。5.0はとても古いバージョンです。

CPUパワーとメモリー容量

CPUは高速であればあるほど快適に動作します。

メモリー容量(ストレージ容量ではありません、RAM容量です)も、多ければ多いほど快適です。

NFC Forum N-Mark対応機種

正規にNFCに対応した、「NFC Forum N-Mark」が付いたカードリーダー(内蔵または外付け)で利用することができます。

このマークがない古い機種や海外の機種では、ICカードを正常に読み取ることができません。

条件を満たすスマホをお持ちでない場合でも、パソリを繋げて利用することができます。

ダウンロード

使いたくなった時、すぐに入手できます。

製品は二種類あります。

プレミアムサービス

このアプリを使いこなすための有料プラン、それがプレミアムサービスです。

これだけの性能を、月額100円からという破格のサービス価格にて提供しております。「なう」アプリ内でも随時紹介をしておりますので、ぜひご契約ください。

広告募集

このアプリは広告主を募集しております

公共交通を使ってスマートに移動し、キャッシュレスでスムーズな買い物を愛する良質なユーザーに、安価に広告を出すことができます。

ご注意

  • 「Google」「Android」「Google Play」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • iPhoneは、Apple Inc.の登録商標です。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • 提供する情報については万全を期しておりますが、全く誤りがないことを保証するものではありません。
  • 「近くの店を探す」機能などで周辺地図を表示するためには、通信環境(Wi-Fiネットワーク回線または3G/4G/5Gなどの回線)が必要です。
  • 「近くの店を探す」機能などで現在地を取得する際にはGPS機能を利用します。アプリ本体ではなく、別途アドオンを利用するという形にしております。ご了承願います。
  • Webに掲載した画像は開発中のものや、過去のもので、実際とは異なる場合があります。
  • ご利用にあたって、有料のプレミアムサービス登録が必要となる機能があります。