海外の交通系カードの質問と回答

日本以外の国の交通系カードに関する質問と回答をまとめています。

About support

Support for this app is in Japanese language only.

Please read this FAQ using the translation function on Google Chrome or so on.

目次

対応カード

対応カード

(💳️ は、弊社で実際に保有しているカードです)

(国名コード順、国内は順不同)

海外のカード

八達通(Octopus) (香港🇭🇰)

表示可能な項目はなんですか

残額の表示が可能です。0.1香港ドル単位で表示できます。

履歴等は表示できません。

なお現在、弊社は香港語でのサポート能力はありません。サポートは日本語のみとなります。

履歴表示などにについて

八達通(Octopus)の殆どの領域は暗号化されています。履歴も暗号化されているため、読み取ることができません。

最低額$35と$50について

八達通(Octopus)は、元々は最低額がHK$35でしたが、平成29年10月1日以降発行のものは、最低額がHK$50まで引き下げされました。

従来のカードは本当の残高+$35.0で残高が記録されており、新しいカードは本当の残高+$50.0で残高が記録されています。しかし、$35か$50かは、読み取れる範囲内には記録されておりません(どうやら、カードIDを元にサーバーに照会をしないといけないようです)。このため、全自動で残額を求めることができなくなりました。

そこで、ICカードこれひとつでは、そのカードが$35か$50かを選んでいただく方式としました(バージョン0.332以降で対応)。


なお、プレミアムサービスを利用している場合はカード履歴を保持するサービスが利用できます。ここに$35と$50のどちらを選んだかもカードごとに記録しておくことができますので、2回目以降は選ぶ必要なく、自動的に金額が表示できます。プレミアムサービスを利用していない場合は、種類は毎回選んでいただく必要があります。この機会に、プレミアムサービス利用を検討いただければ幸いです。

COMMET (インドネシア🇮🇩)

COMMETについて

PT KAI Commuter Jabodetabekが運営している、KRL Jabodetabek(ジャカルタ都市圏電車)で使われているICカード式乗車券です。

表示可能な項目はなんですか

残額と精算履歴が表示可能です。1ルピア単位で表示できます。

なお現在、弊社はインドネシア語でのサポート能力はありません。サポートは日本語のみとなります。

履歴表示などにについて

過去16件分の履歴が記録されており、精算した駅が記録されます。

駅名は、インドネシア語と、アプリ独自に英語・日本語に訳した非公式名称を記録しており、端末自体に設定された言語設定から表示言語を選択します。

路線名は、営業上案内される名称ではなく、線路の名前と思われるものを記録して表示しています。

カンマの表示ついて

インドネシアでは、3桁ごとの区切りをピリオド(.)で表記しています。これはかつてオランダに占領されていた影響で、ヨーロッパ式になっているためです。

アプリでも、区切りを強制的にピリオド(.)にして表示しているため、最初は違和感を覚えるかも知れません。今のところカンマ(,)に切り替える機能はありませんが、需要があれば検討します。

Kartu Multi Trip MRT (インドネシア🇮🇩)

Kartu Multi Trip MRTについて

MRT Jakarta(ジャカルタ都市高速鉄道)で使われているICカード式乗車券です。

商標的な正式名称は定かではありませんが、インドネシア語でKartuはカード(英語でCardに相当)を意味し、MRT用のマルチトリップカードを意味しています。

表示可能な項目はなんですか

残額と最新の乗降情報が表示可能です。1ルピア単位で表示できます。

なお現在、弊社はインドネシア語でのサポート能力はありません。サポートは日本語のみとなります。

履歴表示などにについて

乗車情報と降車情報が記録されているため、それを履歴とみなして表示しています。

駅名は、インドネシア語と、アプリ独自に英語・日本語に訳した非公式名称を記録しており、端末自体に設定された言語設定から表示言語を選択します。

カンマの表示ついて

インドネシアでは、3桁ごとの区切りをピリオド(.)で表記しています。これはかつてオランダに占領されていた影響で、ヨーロッパ式になっているためです。

アプリでも、区切りを強制的にピリオド(.)にして表示しているため、最初は違和感を覚えるかも知れません。今のところカンマ(,)に切り替える機能はありませんが、需要があれば検討します。

対応していないカード

以下のカードは対応していません。未対応でも、カード種類の認識が可能なことはあります。

FeliCa以外でも、海外向けで読み取れるアプリが実在するため、どうやら読み取ることができるカードは海外にも実在するようです。

但し現時点でNFC-Aを本体で読み取る機能に対応していないため、カードそのものの情報提供だけでは対応ができません。弊社への実物の貸与を含めた対応をご検討ください。

対応できる見込みのあるもの

以下の交通系カードは、対応できる見込みがあります。

(国名コード順、国内は順不同)

対応できるか不明なもの

仕様が不明で対応可否について未知なもの。

(国名コード順、国内は順不同)

対応の見込みがほぼないもの

Mifareも将来的に対応予定ですが、Mifare Classicだった場合は、ほぼ対応の見込みがありません。

(国名コード順、国内は順不同)

(判断中)